2006年05月21日

連載企画:「速攻の黒い(ブラック)忍者」の飛ばし方〜第1回


「キメラのつばさ」を手に入れて、身体能力が10倍くらいになった感のある黒忍者。

いつの世でも、黒忍者デッキをぶん回せる優秀補助カードは他の色々な悪事にも使えてしまうのが常。
どうせあと3ヶ月とちょっと。つばさを得た黒忍者を存分に楽しめるのは。
今のうちにしっかり楽しみましょう!

というわけで、最新の黒忍者事情と共に、過去に書いた色々なノウハウも含めて何回かに分けて書き綴ってみる事に。



まずは、基礎知識から。


「速攻の黒い(ブラック)忍者」☆4・闇・戦士 攻1700 守1200
自分の墓地の闇属性モンスター2体を除外する事で、このターンのエンドフェイズまでこのカードをゲームから除外する事ができる。この効果は相手ターンにも使用する事ができる。この効果は1ターンに1度しか使用できない。


@属性・種族
 闇なので墓地にあれば、他の黒忍者や「カオス・ソーサラー」のコストにできる。
 戦士なので「増援」「戦士の生還」によるサーチ可能。


Aステータス
 攻撃力は正直今ではちょっと辛い感じ。「同族感染ウィルス」禁止になったので、よく見る中で戦闘破壊できるモンスターはリクルータやクリッターやトークンくらいだったりする。
 ダメージステップに発動される「収縮」「突進」からは逃げられない、という事情もあって、守備モンスターへの攻撃や、ダイレクトアタックできる状況にしてこそ真価が発揮されるカードだと思う。
 寝ている「サイバー・ドラゴン」は倒せるが、「カオス・ソーサラー」は倒せない。

 守備力は一応アタッカーである割には比較的高い。「月読命」に倒されない。
 逃げられるので、守備で耐える状況はあまりないけど。


B効果
 これがこのカードの最大の魅力。考えた人に本当に感謝したい。

 テキストを順に見ていく。


「自分の墓地の闇属性モンスター2体を除外する事で、」
・・・この表現は発動コスト。除外が発動コストである事をしっかり理解しておく事がとても重要。何故重要なのかは後で色々記載予定。


「このターンのエンドフェイズまでこのカードをゲームから除外する事ができる。」
・・・「亜空間物質転送装置」と同じ事を単体でできてしまう凄いカード(笑
「できる」という表現なので任意発動効果。
テキストにはなんにも書いてないけど、「エンドフェイズまで」という記載によってエンドフェイズにフィールドに戻ってくる。これは戻ってくるだけなので特殊召喚ではない。これも重要。


「この効果は相手ターンにも使用する事ができる。」
・・・スペルスピード2の誘発即時効果、という事。
これがねえ...ほんとに涙が出る程素晴らしい!! 誘発即時効果を持つモンスターは他にも少しあるけど、現実的に何回も効果を使えるのはこのカードだけ♪ しかも、墓地さえ整っていれば自分・相手ターンを問わず、ダメージステップ以外のすべてのタイミングで発動可能♪♪♪
くどいようだが、ホントに考えた人に感謝感謝♪
これによってデュエル中の選択肢が各段に増える事が、使ってて楽しい最大の理由だと思う。


C価格
 現時点でシングルは自分の地域で、ウルトラレアが¥400前後、パラレルレアが¥600前後。海外版の相場は知らない。自分は1枚だけ韓国版を所有。誰か英語版を恵んで下さい(笑



あ〜疲れた。弟2回に続く(笑
posted by kilto at 17:49| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。