2005年12月11日

その時すべてが始まった


ちょうど5年前の今日。
ぷっちぃの5歳の誕生日だった。


きると:「誕生日のプレゼント、何がいい?」

ぷっちぃ:「ゆうぎおーかーど」

きると:「へ? 何それ?」


よくわからないまま色々な人に聞いてみると、どうも「デッキ」とかいうのをカードを組み合わせて作って戦うゲームのようだ。

しかし、普通に袋に入っているカードを買うだけだと、すぐにはデッキにならないらしい。

そこでなんとか辿り付いた解答がEX−Rの購入だった。


後にも先にもこれほどぷっちぃが喜んだプレゼントは他になかったなあ。

付属してたルール説明のビデオを繰り返し見て、なんとか2人共ルールを覚えた。
(今思うと、あのビデオはかなりいい加減だったけど)


「スリーブ」という物の存在も知らなかったから、間もなくカードはボロボロになってしまったけど。特にレアカードは剥がれちゃう。

今でもセロテープで修復した「青眼の白龍」と「ブラック・マジシャン」は捨てることができなくて家に残っている。

posted by kilto at 20:17| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きのうまろんが、存在しなかった?
Posted by BlogPetのまろん at 2005年12月15日 09:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。